西東京市で薬剤師の求人を探すときに知っておきたいコツ

薬剤師1

西東京市で求人を探そうとしている薬剤師はどこから手を付けたら良いかで悩んでしまうこともあるでしょう。(関連リンク … APOPLUS 薬剤師 … 薬剤師求人

仕事を探すときにはまず情報を収集し整理することから始めるのが大切です。この記事では薬剤師が西東京市で仕事を探す上で役に立つ求人事情を説明します。そして、求人の探し方のコツも紹介するので有効活用して下さい。

『宇治の周辺で人気のある薬剤師の求人の種類を確認しよう』


調剤薬局かドラッグストアなら候補が豊富

西東京市での薬剤師の求人では調剤薬局とドラッグストアからのものが目立ちます。薬剤師の専門的な職能として調剤と服薬指導ができることは大きく、雇用側としても資格の価値を生かせる業務に特化する人材を確保する目的で募集をしているケースが多くなっています。

西東京市は東京の都心部で働く人たちのベッドタウンとして住宅街が広がっている影響もあり、医療の需要も高いことから調剤薬局やドラッグストアが多いのが特徴です。薬剤師の資格を持っている人も大勢いるのは確かですが、東京には病院がたくさんある影響で院外処方箋の数も多く、十分な薬剤師を確保できていない調剤薬局やドラッグストアは少なくありません。

そのため、西東京市では調剤薬局かドラッグストアで働くのであれば求人探しで困ることはまずありません。調剤薬局はクリニックの門前薬局が多く、大手チェーンからの募集もあります。

ドラッグストアも大手がほとんどで調剤業務のあるドラッグストアからの求人が多めです。

調剤の経験を生かして転職したいという人や、資格の価値を生かしたい人にとって有利な状況があると言えるでしょう。ただし、ドラッグストアではどのくらい調剤業務があるかが現場によってかなり違います。医薬品の管理や顧客からの質問対応がメインになることもあるので、やりたい仕事ができる職場を選ぶのが大切です。

病院で働くなら都心に出ることも考慮しよう

薬剤師10

薬剤師は病院で働きたいと考えることもよくありますが、西東京市では東京の中ではあまり病院の数が多くない影響で求人数は少なめです。専門病院も総合病院もあって、薬剤師として経験を積んできた人は能力を生かせる職場を見つけられる可能性があるでしょう。

ただ、候補が少ないと自分の専門性に合わなかったり、キャリアアップの方針とずれてしまったりすることも少なくありません。そのため、可能であれば都心に出ることも考えて求人を探しましょう。

都心にはかなりの数の病院があるのが東京の特徴で、公共交通網が発達しているので通勤するのもそれほど大変ではない場合がほとんどです。

大病院や大学病院は人気が高くて中途採用の募集があまり行われていませんが、中小病院であればいつも求人がたくさん出ています。西東京市内でなければならないというこだわりがないのであれば、都心の方まで求人を探して比較してみるのが良いでしょう。


企業で働きたい場合も周辺まで視野を広げよう

企業で働きたい薬剤師の場合にも病院と同様に西東京市内だけに限定しない方が良いでしょう。周辺エリアまで視野を広げることによって飛躍的に候補が増えます。都心には大企業も含む製薬企業や医療機器メーカーの本社や支社があり、学術やDIなどの業務に携わるスタッフがしばしば募集されています。

また、東京郊外には中小の製薬企業が工場を設けていることもあり、現場で研究開発や生産管理などを担える可能性もあるでしょう。医薬品の卸業者における管理薬剤師の募集については倉庫のある郊外が勤務地になるケースが多く、募集は都心よりは東京郊外で見かけられる傾向があります。

この他にもメディカルライターやメディカルサイエンスリエゾン、臨床開発モニターなどの募集も見受けられますが、数は多くありません。通勤可能な範囲で求人を広く探して候補を見つけ出す努力をするのが賢明です。

雇用形態の選択肢は広い

求人を探すときにはどんな雇用形態が良いかを考えているでしょう。薬剤師は正社員として働いているケースも多いですが、パートや派遣社員、契約社員で活躍している人も大勢います。家庭の事情や希望のワークスタイルに応じて適切な雇用形態を選ぶのが仕事を探すときには大切ですが、希望する雇用形態の求人がないのでは困ってしまうのは明らかでしょう。

西東京市では雇用形態の選択肢は広いので、希望に応じた働き方をできる可能性が高いのが現状です。ただし、希望している職場の種類による違いがあるのは留意しておきましょう。調剤薬局やドラッグストアでは正社員だけでなくパートや派遣社員の募集がたくさんあります。

しかし、病院や企業の募集は基本的には正社員の募集で、パートの仕事はあまりありません。契約社員の募集は特にどの種類の職場だから多いということはありませんが、絶対数が少なめなので広く探す必要があるでしょう。

また、派遣社員については求人が豊富で働き方も選びやすい状況が整っています。安定して働けるかが悩みになりがちなのが派遣社員のデメリットとしてよく知られていますが、西東京市で働く限りは大きな問題にはならないでしょう。

求人を探すときの二つのコツ

このような西東京市の状況を踏まえて薬剤師が求人を探すときにはどうしたら良いのでしょうか。成功するためのコツが二つあるので紹介します。一つ目は希望の条件を自分なりに考えることです。求人を探して本当に応募するのかどうかを決める基準は自分で設けなければなりません。

優良求人を見つけたときにすぐに応募できるようにするには決定条件を定めておくのが大切です。条件が多くなってしまった場合には優先順位を付けておくとスムーズに応募する求人を絞りこめるでしょう。二つ目は転職エージェントの利用も視野に入れることです。

転職エージェントを利用することで求人探しを効率化することができます。希望の条件に合っている求人かどうかを一つずつ丁寧に吟味するのは大変になりがちです。しかし、転職エージェントに相談すれば希望の条件を示しておくだけで候補の求人を選び出してもらえるので負担を軽減することができます。

西東京市で希望に合う求人を見つけ出そう

薬剤師17

西東京市では調剤薬局やドラッグストアが多くて求人がたくさんありますが、病院や企業の求人は少ないので周辺まで通勤することを視野に入れて探すのが大切です。勤務形態は正社員でもパートでも豊富にあり、派遣薬剤師としても働きやすい環境があります。

転職エージェントの利用も候補に入れて自分の希望に合う求人を探し出しましょう。